Home> 防御するために

防御はとても大切です

エンパスにとって、自分を保つことほど難しいことはありません。
だいたい、共感力チェックで「自分側からなくなる」とか「人ごみやパーティーで疲れる」などの項目があるくらいですから(笑)

能力を消すことは出来ないと思いますが、上手く付き合っていく方法はきっとあります。
ローズメソッドにも「エンパシーをオフにする」「境界線を引く」といったテクニックがありますが、ここではそれ以外のアプローチを紹介していきたいと思います。

なお、あくまで自分で実践できるものに限っています。
エンパスの方はただでさえ人の影響を受けやすいのです・・
ですから、大変だけどあくまで自立!で行きましょう(笑)

エネルギーワーク

エンパスの方は、エネルギーにも敏感だと思います。
自分にあったエネルギーを学んで、ヒーリングやデトックス・グラウンディングに役立てていきましょう。

レイキ・ヒーリング

世界中で広がっている有名なエネルギーワークです。
アチューメントさえ受ければ、だれでも簡単にヒーリングが出来るようになります。
逆輸入の代表格の臼井式・日本でひそかに伝わる直伝式をはじめたくさんの流派があります。
レイキは、手を当てるだけで自動的に流れてくれるので手軽に自己ヒーリングで癒されます。

エンパス気功

古来より伝わる気功をエネルギーワークとしてとらえ、丹田にエネルギーを蓄えていく方法です。
霊的なエネルギーを高めで周りの影響を受けにくくし、自分を保っていくことが出来ます。
これも簡単に実践できますが、日々少しずつエクササイズしてエネルギーを積み上げていき、同時にグラウンディングにも効果があります。
また現在、エンパスをオフにしていく独自メソッドも同時に受講し、身につけていくことができます。

内観によるアプローチ

外ではなく、自分自身の内側にアプローチして自分を見つめ、本当の自己に気付いていきましょう。
もともと鋭敏なエンパスの能力は、きっと内観でも役立ちます。

ヨガ

インドで古くから行われているヨガは、瞑想の代表格といえるでしょう。
様々な流派があり、今ではフィットネスクラブにまで広がっていますが、ボディーワークではなく内観・瞑想色の強いヨガをオススメします。
クリパルヨガなど、内観を前面に出しているヨガもありますので、試してみてはいかがでしょうか?

座禅

かつて、ブッダは瞑想によって悟りを開きました。
仏教も様々な流派がありますが、禅宗(臨済宗・曹洞宗)では、座禅による修行が行われています。
自分を見つめると言うよりは、何事にもとらわれない、静かな心の境地を目指すものですが、エンパスの敏感さに振り回されない境地を得るヒントが座禅によって見つかるかもしれません。
座禅指導をしてくれる禅宗のお寺を探してみましょう。

物によるアプローチ

時には物に頼ることもあるでしょう。
必要なものはそろえても良いと思いますが、あまりお金をかけすぎず、無理をしないことも大事です。
実感できるものを厳選して使いましょう

クリスタル

一般に水晶などは、魔除けの力があるといわれています。
特に外出時、ブレスレットをしておくと疲労度が全く違います。
石を選ぶときはまず自分の直感を大事にしましょう。石が呼んでくれることもあります。

アロマ・お香

家では自分だけの時間を持って、リラックスや回復につとめましょう。
良い香りは邪気払いにもつながります。
また、火そのものが部屋の浄化に役立ってくれます。(火の元には十分注意しましょう)

風水・その他

前項の続きですが、家の気を整える事はとても大事です。
植物などのエネルギーをもらったり、塩で身体を洗って邪気を洗い落としたりして、自分自身をクリアーにしましょう。

いかがでしたが?

様々な方法を紹介してきました。
もちろん好みや、合う・合わないがありますから、直感で選んでいくか、実践して取捨選択していきましょう。
もし「これだ!」という方法があれば教えてください。掲載していきたいともいます。

ページトップへ
 
Copyright (C) エンパス&エンパシー All Rights Reserved.